フランス語トレントサイトおすすめ2選【2019年最新】

日本でもフランス語を学んでいる方々やフランスの文化、各種の媒体とくに映画や音楽などに興味深い方がかなりいらっしゃると考えられます。日本で暮らしている以上、フランス語で話したり書いたり聞いたり読んだりする機会がなかなかありませんからこれらのサイトを活用して自らのフランス語学習能力を引き上げるのもいろいろなやり方の一つだと思われます。

多数のトレントサイトがありますが、ここでは訪問数が多い二所で圧縮しました。

そこで本記事ではフランス語の映画、テレビ放送、漫画、ドラマ、音楽、書籍、ゲーム、ソフトなどを無料でダウンロードできるトレントサイトをご紹介します。二つのサイトだけであまり長くありません。

フランス語できない方はGoogle翻訳を使ってください。最近はオンライン翻訳の品質がまあまあ良くなったから。


フランス語圏のトレントサイト一覧

以下のサイトはすべてしっかり確認済みで、この記事の更新日現在では100%利用可能な状態です。

また、公開型サイトと非公開サイトを見分けしています。

1. Yggtorrent – (https://www.yggtorrent.ch/)

現在、フランス語圏の最大のトレントサイトです。一番お勧めします。

本来2006年から運営していた”T411″がフランス語圏で最大のトレントサイトでしたが、2017年6月に複数の協会の会員たちから苦情を受け、フランス当局が数ヵ月間の調査を続いたあげく、T411サーバーの所在地であるスウェーデンへ要請し、スウェーデン警察によってT411は閉鎖されました。このYggtorrentは既存のT411のトレントファイル全般を丸ごと取って運営を始めたサイトです。

ファイルの量はここが一番多いからここだけ利用しても困ることはほとんどなさそうです。

サイトに関する簡単な情報

ログインと登録必須:はい(ログインしないと、ファイルの一覧を閲覧するのは可能、ファイルのダウンロードは不可)

アカウント新規登録の難易度:無し、ご自由に登録可能

運営期間:2017年から今まで

2. Torrent9.uno – Telecharger avec Torrent9 (https://www.torrent9.uno

フランス語圏で訪問者数が多いもう一つのトレントサイトTorrent9.unoです。

Yggtorrentと違い、登録やログインなしでダウンロードできます。

サイトに関する簡単な情報

ログインと登録必須:いいえ

アカウント新規登録の難易度:無し、ご自由に登録可能

運営期間:不明

ディスクシステムエミュで後編をディスク2に入れてプレイする方法「前編と後編で分かれているゲームのみ」

任天堂のファミリーコンピュータ ディスクシステム(略称FDS)で発売された多くのゲームの中で特に前編と後編で分けて発売されたゲームは今まで知られているタイトルの数を基準にして約6個のタイトル。

以下六つのゲームのタイトル一覧 No-Introの情報を基準にします。

ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者
ファミコン探偵倶楽部PartII うしろに立つ少女
タイムツイスト 歴史のかたすみで…
探偵 神宮寺三郎 危険な二人
ふぁみこんむかし話 遊遊記
ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島

上のタイトルは全て前編と後編で存在します。これらのタイトルはファミコンのエミュレータで一応プレイできますが、問題になるのは前編が終わったからです。まず、前編のROMファイル「ディスク1に該当」後編のROMファイル「ディスク2に該当」こう仮定しましょう。
MesenやNestopiaなどで前編を最後までプレイしたら、”後編のA面を入れてください”というメッセージが出力されます。しかし、後編は入れることはできません自分がソフトから吸い出したROMファイルは前編と後編、二つのファイル。MesenやNestopiaなど多くのエミュではディスク2を認識し取り換えることはできますが、ディスク1を挿入したままでディスク2を挿入することはできません。ディスク2が認識される場合は一つのROMファイルに前編も後編も両方ある場合のみです。じゃ、ディスク1を取り外してディスク2を挿入すればいいんだろうと考える方もいますが、ディスク1を取り外したらゲームはプレイできません。またディスク2をディスク1のない状態で開くとエラーが発生します。 まあ~実機も同じだし

前編を挿入した場合、上のスクショのようにディスク1(前編)のA面とB面しか見えない。ディスク2はない。後編をディスク2に挿入しないと後編のプレイはできない。

そもそもこの問題の原因は多くのエミュがFDSゲームのディスク2の挿入をサポートしていないからです。
どのファミコンのエミュ開発者によると他機種互換のエミュとの互換性とインターフェースの容易性をその理由として挙げています。ほかの方法として色々な海外の海賊サイトで併合されているROMファイルを入手する方法もありますが、これは自分が該当するゲームソフトを所有していないと著作権違法だし、何よりもこれらのROMファイルはファイルの状態が悪いためお勧めしません。ここで”状態が悪い”というのはROMファイルのダンプ(Dump)状態が悪いからゲームの異常作動や画面化けなどのエラーが発生することです。現在ネット上で配布されているディスクシステムの多くのROMファイルは他の機種に比べ不良状態のものが少なくないのです。なぜならこれらはかつて悪いダンプ環境で最初にダンプされたROMファイルが色んなところに配布されているからです。特にディスクシステムは正常にダンプしにくい点もありますし、上で言及したタイトルも一つに併合されている不良ファイルがあります。なのにあんな不良ファイルがゲーム前編・後編の片方や両方とも不良だったらどの部分が問題になるのかわからない。単に不良ROMを区別しやすい方法はファイル名の後ろに[b]という文字が書かれているとそれは不良です。
GoodNESおよび他のGoodToolsでは正常品は[!]のマークが付きます。No-introの場合は正常品には何のマークも付きません。

つまり、現在ネットで配布されているFDSのROMは不良ファイルが多数で、上の六つのゲームも不良状態のままそれに加えて二つのROMを併合したものが配布されているからいろんな問題が発生していて、正常にプレイしにくい。
そんなGoodToolsと違ってNo-introでは前編と後編 二つのファイルで分かれています。しかし私が話した通りROMファイルが二つである以上、前後版のゲームをエミューで完全に起動できない。一番良いものはエミュレータがディスク2を直接に入れるように対応することですが、
今の時点では自分が前編と後編両方とも正常にソフトをダンプし、正常にダンプされたこれらを一つに併合する方法だけです。実機が故障などで使えなくなったせいでエミュレータを使わなければならない方ももちろんいらっしゃいます。
それで今からふたつのROMファイルを併合する方法をWindowsで説明します。


持ち物
1.前編のROMと後編のROM
2.ROMファイル名をメモ帳に記録しておいてください。

【説明】
1.ファイル名を変更します。できるだけ短くします。これは重要です!(長すぎるとエラーが発生します。)
私は神宮寺三郎の危険な二人で試します。
例)

2.コマンドプロンプトを起動します。(経路によっては管理者権限を必要とする場合もあります)
3.cdコマンドを使ってROMファイルにあるディレクトリを指定します。そしてEnterキーを押す。
cd ファイルがあるディレクトリ

4.次の通りに入力します。
copy /b 前編のファイル名.fds + 後編のファイル名.fds 併合されるファイル名.fds
ここでは例として copy /b 1Zenpen.fds + 2Kouhen.fds 3.fds にします。併合されるファイル名も短く!
5.入力したらEnterキー押してください。コピーできたらこれで終わりです。

6.前後ファイル名を元に戻します。メモ帳に記録したものを確認!併合されたファイル名はご自由に。

成功画面
併合したファイルを開いてください。

これでこうへんのAめんを入れてくださいのメッセージが出てもディスク2A,B面を選択できるようになりましたから一応問題解決しました。


ちなみに自分が吸い出したROMファイルが良か不良かを確認できるサイトをご案内します。
https://datomatic.no-intro.org/
このサイトで自分が欲しいゲームタイトルの機種を選択し、SEARCH(検索)ボタンをクリックしゲームのタイトル名をローマ字で入力してください。
例)ふぁみこんむかし話 遊遊記 前編 → Famicom Mukashi Banashi Yuuyuuki Zenpen
ふぁみこんむかし話 遊遊記 後編 → Famicom Mukashi Banashi Yuuyuuki Kouhen
ゲームを選択したら、ROMファイルのタイプとハッシュ情報が出てきます。これを見て自分が持ってるファイルのハッシュと照合します。
緑色で信頼できるダンプ(Trusted Dump)の事項が一番いいです。
このサイトにまだ正常ファイルとしてハッシュ情報が登録されていない場合は報告に協力をお願いします。