ドイツ語トレントサイトおすすめ2選【2019年最新】

日本でもドイツ語を学んでいる方々やドイツの文化、クラシック音楽などに興味深い方がかなりいらっしゃると考えられます。日本で暮らしている以上、ドイツ語で話したり書いたり聞いたり読んだりする機会がなかなかありませんからこれらのサイトを活用して自らのドイツ語学習能力を引き上げるのもいろいろなやり方の一つだと思われます。

多数のトレントサイトがありますが、ここでは訪問数が多い二所で圧縮しました。そこで本記事ではドイツ語の映画、テレビ放送、ドラマ、音楽、書籍、ゲーム、芸能などを無料でダウンロードできるトレントサイトをご紹介します。二つのサイトだけであまり長くありません。下の注意文言をちゃんと読んでください。

ドイツ語できない方はGoogle翻訳を使ってください。最近はオンライン翻訳の品質がまあまあ良くなったから。

ドイツに在住している方々はご注意ください。

現在ドイツでは日本の著作権法以上の厳しい著作権法が存在しています。この著作権違法で摘発される場合はだいたいダウンロードではなく共有(アップロード)のせいです。しかし、ほとんどの場合トレントやeMuleなどのP2Pソフトを使用している途中に摘発されるのですがP2Pソフトはダウンロードと同時に共有、すなわちアップロードが同時に行われているからです。自分がダウンロードしてるファイルが同時にランダムに大勢のダウンローダに送信される過程で法律事務所と契約している取り締まり会社に送信される可能性があるし、この取り締まり会社が自社に違法ファイルを送信している大勢のIPアドレスを収集しこれを受け取った法律事務所はIPアドレスを追跡してIPアドレスの所有者たちに警告状を送ります。このような警告状の主な内容は違法共有の事実に対する確認であり弁護士費用および著作権侵害に対する補償を含むPauschalの合意金を提示し共に添付されているUnterlassungserkläunに署名させ非常に短い期限を与えた後、その時まで返事がなければ以後、自分達の依頼人(実際のファイルの著作権の所有者)に訴訟を勧告し、そうなれば膨大な費用が発生することになりかねません。と脅迫します。

このような危険性を防ぐためにVPN使ってトレントなどのP2Pを使うことやSeedboxを利用すること、またファイルストレージサービスで共有するフォーラムサイトを探して利用することを積極的に推奨します。特にフォーラムの方法を推薦。

ドイツ語圏のトレントサイト一覧

以下のサイトはすべてしっかり確認済みで、この記事の更新日現在では100%利用可能な状態です。

また、公開型サイトと非公開サイトを見分けしています。上記で言及した通り厳しい法律のためドイツ語圏のトレントサイトの数は少ないし、その規模も零細なサイトが多い実情です。ドイツ語圏ではトレントの利用よりも「RapidGator」や「Uploaded」などのサイト、いわゆる「ファイルストレージサービス」をよく使っているのでこの記事を読むことより、下の記事を読むことを積極的にお勧めします。

ドイツ語圏のファイル共有サイト・フォーラム紹介

1. TSH (https://theshinning.me)

ドイツ語圏の会員制トレントサイトです。登録するには招待状が必要です。

会員制のサイトの特性上、Google,Bing,Яндекс,百度などの検索サイトではこのサイトの資料が見つかりません。ただこのサイト内の検索機能を通して探すだけができるのです。この点はほかの会員制サイトらも同じです。しかし上で言及した通りドイツでの厳しい取り締まりのせいでシードの数はわずか1~3しかなさそうです。他のサイトもほぼ同じです。最近はサイト内のInvite-Chatを通して招待状を求めることができるらしいです。

2.Speedtorrent (https://www.speedtorrent.com/)

かつて公開トレントサイトでしたが、現在はトレントを通して共有することをやめ、ネットニュース(Usenet)を通してファイルを共有しているようです。公開サイトだから登録とログインは要りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です